安く植毛のできる激安・格安の自毛植毛を紹介します。

 

自毛植毛とは今現在、あなたの頭部に生えている健康な毛根を薄毛が進行した部位に移植する増毛法です。
確実に発毛効果を得ることができるメリットがある反面、保険適用外の治療なので
費用が膨大にかかってしまうのがネックになっています。
自毛植毛を検討しているあなたは、費用の高さに頭を悩ませてはいませんか?

 

確実に一生生え続ける髪の毛を増やすことができる夢のような自毛植毛ですが、
薄毛の進行度によって多少の違いはあるものの、膨大な治療費を目にすると半ばあきらめてしまいそうになります。

 

このサイトでは、何とか少しでも費用を抑えて自毛植毛にチャレンジしたいとは思っている方に
今人気の自毛植毛の出来るクリニックを『価格の安い順』に特集します。

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

 

とにかく安く安全に植毛したいならTOMクリニック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

自毛植毛する本数の目安とは
自毛植毛は薄くなりにくい、側頭部や後頭部の毛包を薄くなった箇所に移植します。
毛包は一つ『1株』とか『1グラフト』といった単位で呼ばれ、
1グラフトには大体2本〜3本の毛が生えています。(平均2.5本)

 

植毛を受けるクリニックでは植毛の費用を、
『1グラフト当たり〇〇円』といった感じで表記します。

 

1グラフト当たりの価格は植毛を受けるクリニックによってかなり変わりますが
大まかな相場では1グラフト当たり1000円〜2000円くらいのところが多いようです。

 

このグラフト数に応じた移植料に手術の基本治療量を足したものが自毛植毛の費用の総額となります。

 

植毛にかかる費用の総額は移植するグラフトの本数に応じて変動します。
クリニックによっては移植する本数が多ければ多いほど1株グラフトあたりの料金が安くなる場合が多いですが、
基本的には移植する本数が多ければ多いほど、かかる費用も高くなります。

200グラフト・・・200株(グラフト)の移植で約500本の自毛植毛が可能です。

 

500本の自毛植毛程度では変化がないのでは?
そう心配する方も多いようですが、状態によってはこの本数で十分な場合もあります。
例えばそり込部分のところだけを植毛する場合など、
程度にもよりますが薄毛の改善であれば十分な場合もあります。

 

 

必要以上にグラフト数を上げて密度を上げると、かえって定着率が下がるというデータもあります。
どうしても密度を上げて植毛する場合は2回以上に分けて植毛したほうが定着率が上がります。

 

せっかく採取した貴重なドナーを無駄にしないためにも
ドクターと相談して自分に合った本数を移植することが大事です。

 

400グラフト・・・400株(グラフト)の移植で約1,000本の自毛植毛が可能です。

 

1グラフト(2.5本)×400=900本の自毛植毛なので、
400グラフトで大体900〜1000本の植毛が可能です。

 

生え際の薄毛や、頭頂部の薄毛などのケースでは1,000本前後の植毛がおススメです。

 

頭頂部が完全に禿げ上がっている場合はさすがに1,000本では足りませんが、
そこまでではないのでは、1,000本の自毛植毛でも十分な場合が多く、
最初は1,000本(400〜500グラフト)から治療を始める方が多いようです。

 

クリニックで植毛をする場合、一般的には500グラフト(1,250本)単位であるケースが多いようです。

 

800グラフト・・・800株(グラフト)の移植で約2,000本の自毛植毛が可能です。(2.5本×800グラフト)

 

薄毛がかなり拡大していて前髪部分が激しく後退している方や、
頭頂部のO字ハゲがツルツルになってしまった方は、2,000本程度の自毛植毛がお勧めです。

 

昔は一度に2,000本を超える毛髪を植えることは技術的に厳しかったのですが、
医療技術の進歩によって今では十分可能になりました。

 

 

1200グラフト・・・1,200株(グラフト)で約3,000本の自毛植毛が可能です。
植毛の範囲が広いという方は3,000本位の自毛植毛がお勧めです。

 

3,000本という量は植毛手術としては、かなり多く、
地肌が完全に見えていても自毛植毛で移植すれば頭皮を目立たなくさせることが可能です。

 

画像はアイランドタワークリニック公式ページより転載

AGAのハミルトン・ノーウッド分類とは
ハミルトン・ノーウッド分類とは、AGAの症例をアメリカの医師ハミルトンが作ったパターン別の分類を、
医師ノーウッドが改定した分類法です。
AGA(男性型脱毛症)のパターンをI型からVII型まで、薄毛の進行度合いによって分類したものです。
進行パターンとして生え際から後退していく「M型」と、頭頂部から薄毛になっていく「O型」に大きく区分され、
現在も薄毛の進行度合いの目安として用いられています。
T型
額の生え際から薄毛が始まり、M字型に生え際のラインが後退して行くいわば初期症状です
U型
T型が進行し、M字型に後退した生え際の切れ込みがやや深くなった状態です
U Vertex型
U型から頭頂部のO 型薄毛を併発し、生え際と頭頂部で同時に薄毛が見られる状態です(※上記の表では省略しております)
V型
T型からU型へ、そこからさらに症状が進行し、生え際のM字型ラインがより一層後退するとともに前頭部でボリュームが減ります
V Vertex型
V型から頭頂部のO型薄毛が同時に始まり、額、頭頂部、双方で薄毛が見られる状態です
W型
M字型薄毛の進行したV型からさらに生え際のラインが後退し、頭頂部のO型薄毛が同時に現れます
X型
W型がさらに進行し、生え際のラインはもはや額より頭頂部近くに後退します。また、頭頂部のO型薄毛も明らかに範囲を広めている状態です
Y型
生え際とO型の薄毛ゾーンが境界を無くして合体し、頭頂部から前頭部まで広範囲に発毛が見られなくなります。側頭部及び後頭部のみ発毛が残った状態です
Z型
Y型が進み側頭部の発毛も徐々になくなって、後頭部も上部はほぼ発毛が無くなった状態です

 

 

 

植毛専門クリニックの料金プランをまとめました(すべて総額表示)
料金プランは各クリニックによって多少仕組みが違ってくるので単純に比較ができません。
そこで、ここでは全てコミコミの総額表示で比較します。

 

クリニックにもよりますが料金プランは『基本治療費+移植費(グラフト数に応じ増減します』)というパターンと
『基本治療費を取らない』パターンの2つがあるようです。

 

500グラフト 1,000グラフト 1,500グラフト 2,000グラフト
TOMクリニック 340,000円 600,000円 900,000円 1,100,000円〜

湘南美容クリニック

498,000円 888,000円 1,180,000円 1,460,000円

ヨコ美クリニック

510,000円 900,000円 1,200,000円 1,500,000円

アスク井上クリニック

675,000円 1,165,000円 1,650,000円 2,145,000円
アイランドタワークリニック 800,000円 1,400,000円 2,000,000円 2,600,000円

 

 

・『M字ハゲ初期の植毛』の費用ランキング(約1085グラフト・移植本数約2712本の場合)


費用

1本あたりの料金

 TOMクリニック

661,060円

356円

 ヨコ美クリニック

618,300円

360円
 親和クリニック

680,900円

396円
 湘南美容クリニック

684,252円

398円

 

 

・『M字ハゲ中期の植毛』の費用ランキング(約690グラフト・移植本数約2720本の場合)

費用

1本あたりの料金

 TOMクリニック

838,250円

310円

 ヨコ美クリニック

900,000円

331円

 親和クリニック

959,500円

353円

 湘南美容クリニック

963,480円

355円

 

・頭頂部の植毛料金で比較 (1650グラフト・植毛本数約4125本の場合)

費用

1本あたりの料金

 TOMクリニック

1,142,000円

277円

 ヨコ美クリニック

1,200,000円

290円

 湘南美容クリニック

1,296,900円

314円

 親和クリニック

1,355,000円

328円

 

・生え際〜頭頂部にかけての広範囲の植毛料金を比較 (2250グラフト・移植本数約5625本の場合)

費用

1本あたりの料金

 TOMクリニック

1,475,000円

263円

 ヨコ美クリニック

1,500,000円

266円

 湘南美容クリニック

1,642,500円

292円

 親和クリニック

1,775,000円

315円

 

 

 

数あるクリニックの中でも最も安く植毛が出来るのが『TOMクリニック』です。

 

 

上の表を見て比較してみるとよくわかりますが、価格面で圧倒的に安く植毛が出来るのはTOMクリニックです。
一番のポイントは他のクリニックでは移植するグラフト数が多ければ多いほど1本あたりの価格が安くなるのに、
TOMクリニックでは移植本数が少なければ少ないほど安い費用で植毛することができることです。

 

少ない予算で限りなく多くの植毛が出来るTOMクリニックの料金プランは魅力的ですよね。

 

例えば1,000グラフトの移植の場合、TOMクリニックでは60万円という驚異的な安さです。
一般的なクリニックで、これだけの量の植毛をする場合、100万円以上はかかるのが一般的な相場なので、
4割以上も安い価格で植毛を受けられることになります。

 

TOMクリニックでは最先端のARTAS(アルタス)植毛を取り入れるなど、
安全性や正確性も高く仕上がりのナチュラルさも非常に重視しており、
国内でも最安値ということで利用者は増えています。

 

自毛植毛を格安の費用で受けたい方には最もお勧めなクリニックです。

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

安くて安全な植毛ならばTOMクリニックがお勧めです

TOMクリニックの公式ホームページはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

移植した毛はそのうち抜けてしまわないか心配です

 

自分は体質的に、家系的にもはげる体質ということで
植毛で移植した毛もいずれ抜けてしまわないでしょうか心配です・・・
そうした意見も多々あるのです。
しかし心配は無用なんです。

 

『ドナードミナンス理論』

 

移植する毛の性質はもともと生えていた場所の性質をそのまんま受け継ぐという理論。
将来にわたって抜けずらい箇所に生えている毛は
薄くなってしまった箇所に移植しても元々の抜けづらい性質は
そのまま受け継ぐということで定着しやすく成長し続けるのです。

 

毛根は男性ホルモンに過敏に反応して抜けてしまうものと、そうならずに成長するものに分かれます。
この『抜けない遺伝子』をもった後頭部や耳の周りの毛根を移植することで
『抜ける部分をカバーする』ことが植毛の基本理論です。

植えた毛は本当に発毛するのだろうか

 

植毛手術後、植えた毛は一旦抜け落ちてしまいますが、
2〜3か月後に再び生えてきます。
なかには、この間、本当に生えてくるのか不安になる方も多いみたいです。
しかしながら、植毛による発毛率は95%以上なので心配はありません。

 

植毛チームの不注意(温度管理や乾燥防止など)がないのならば
基礎的に手術が原因での極端な発毛率の低下はほとんどありません。

 

 

 

※自毛植毛の種類について・・・切らない手術(FUE法切る手術(FUT法の2種類があります。
このサイトでは一般的な施術法である『切らない手術(FUE法)』の料金を案内しています。

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

海外の自毛植毛について
料金プランの安さだけを追求するなら韓国の「グローバルへアー」
「Moten自毛植毛医院」などのクリニックも選択肢の1つです。
日本と比べると1本当たりの植毛費用が比較的安いので、質よりも量?という方は検討してみてください。

 

しかし、1,000グラフトあたりの料金は韓国でも60万円程度となっており、TOMクリニックと同程度。
渡航費用を含めればTOMクリニックの方が安くなるでしょう。

 

海外の自毛植毛のデメリット

 

「アフターケアを受けにくい」
「往復するのに時間がかかる」
「いざという時に言葉が通じない」というデメリットは大いとおもいます。

 

基本的には、日本国内で自毛植毛を受けられるクリニックを探すことを強くおすすめします。

 

植えた毛はいつ発毛するのか

 

植えた毛の発毛率は95%と言われていますが、
これは植えた毛が手術後、すぐにどんどん伸び続けるということではありません。

 

一般的に、植えた毛のほとんどは1カ月以内に一時的に抜けてしまいます。
これは株が大きいか小さいかに関わらず見られる現象で、
植毛部位のかさぶたが取れた後、少し伸びてから抜ける毛もあります。

 

植えた毛が一旦抜けてしまうことに関する詳しいメカニズムは
残念ながら解明されていませんが、毛根組織は周囲から切り離された状態になると
休止期になるようにプログラムされているようです。

 

実際は手術後3週目位になると植毛した毛は少し伸びるように見えますが、
いずれは抜けてしまいます。

 

ただ、覚えておいてほしいのは、この短い毛が一旦抜け落ちてしまっても
高確率で再び生えてくるということです。

 

しかも、採取したドナーの中には休止期にあって全く皮膚の表面に出ていなかった毛もあるのです。
つまり、毛根単位で植えるFUT法では植えた数より生えてくる毛のほうが増える場合もあるのです。

 

しかし、単一植毛のように、あまり小さく株分けしてしまうと、休止期の毛根は排除される恐れがあります。
毛根単位に株分けするメリットは、まさにこの点にあるのです。

 

休止期を経て、普通だいたい術後2〜3カ月後のころから発毛し始めるようになります。
生え初めの毛は新芽のように先が細くて弱々しいので注意してみないと見落としてしまうくらいです。

 

そして、半年くらいたつと、定着した毛のほぼ100%が発毛することになります。
尚、かなり生え始めた毛の中には緩いウェーブがかかったものもあります。
植えた毛のうち2〜3%の割合で縮れることがありますが、原因は今のところはっきりしていません。

 

また、毛の長さに関して言えば、早いものは術後2カ月で発毛し始め、遅いものでも半年後と考えると、
1カ月に1センチ伸びるとして6か月後にはおよそ4センチくらいの長さになると予測されます。

 

ただ、例外的に株にダメージがあったり、かつらなどが原因で発毛が通常より遅れる場合があります。
また、発毛が6カ月で完了したとしても長さも不十分で毛自体も細いので
FUT法による植毛の最終的な仕上がりは9〜12カ月後ということになるでしょう。

 

 

 

 

TOMクリニック・・・最先端のFUE法、植毛ロボットARTAS(アルタス)を導入。

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

植毛・AGAの専門病院の中でも国内最安値で、しかも最新の自毛植毛『アルタス植毛』
を受けられるTOMクリニックの治療総額は、
『基本治療費30万円+希望するグラフト数の移植費』という形です。

 

他のクリニックと比べると全てのグラフト数において圧倒的に安いのが特徴。
最大の特徴が国内最安値の価格で最新の植毛法を受けられる専門クリニックです。

 

最新の植毛法『アルタス植毛』とは
最先端の植毛ロボットのARTASを使い、メスを一切使用しないFUE法の植毛です。
ARTASは従来の人の手による植毛よりも正確にドナーを採取することが出来るので、
安全性や正確性においても信頼のおける手法と言われています。

 

『国内最安値で、最新鋭の移植法が受けられる』それがTOMクリニックの最大の魅力なのです

 

TOMクリニックの料金プラン・・・移植するグラフトの本数に応じてどの程度の費用がかかるのか表にまとめてみました。

 

グラフト数

基本治療費

移植費

総費用

500グラフト

 

 

300,000円

40,000円

(1グラフト80円)

340,000円

750グラフト

150,000円

(1グラフト200円)

450,000円

1,000グラフト

300,000円

(1グラフト300円)

600,000円

1,250グラフト

475,000円

(1グラフト380円)

775,000円

1,500グラフト

600,000円

(1グラフト400円)

900,000円

2,000グラフト

(応相談)

800,000円

(応相談)

1,100,000円

(応相談)

 

TOMクリニックの料金プランは『基本治療費300,000円』+希望するグラフト数の移植費=総費用という形になります。

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

最先端医療ロボットARTAS(アルタス)
FUE法のデメリットを解消し、FUT法のメリットを生かしたものがARTASです。

 

植毛ロボットARTASは4つのCCDカメラが1秒毎に50回撮影し、髪の角度、向き、密度、本数を正確に把握します。
その画像を専門医師がモニタリングチェックを行いながらコントロールし、
正確にスピーディーにドナーを採取することができるのです。
髪の密度や本数などを正確に瞬時に算出し、採取部分が自然な仕上がりになるよう最適な間隔でドナーを採取します。
何万通りの統計データから、肉眼では確認できない皮膚下にある毛根の角度を計算し、
毛根が切断されないよう的確にドナー採取を行います。
人の手で正確に行うには限度があったドナー採取が、飛躍的に改善されました。

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

 

自毛植毛の種類と違い

 

FUE法・・・「パンチブレード」と呼ばれる機器を使い、人の手によって毛根ひとつひとつをくり抜いていく手法です。
メリット・・・頭皮を切る必要がなく、術後の回復が早い
デメリット・・・毛根を傷つけやすく、1つ1つ手作業で採取するため時間効率が悪い
また、施術者の技術力に依存するので下手な人だと定着率が悪くなる。

 

FUT法・・・頭皮をメスで帯状に切り取り、毛包単位で株分けする手法です。
メリット・・・無駄にするドナーの数が少なく生着率が高い
デメリット・・・メスを使うので術後の回復も遅く痛みを伴う

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

ARTASのメリット

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

ARTASの特徴

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

 

湘南美容クリニック・・・ARTAS(アルタス)植毛の症例数が世界No.1

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

湘南美容クリニックでもARTAS(アルタス)植毛による自毛植毛が実施されており、
症例数が世界No.1という安心感があります。
『湘南美容外科グループ』ならではの全国ネットワークと知名度 全国26院を展開中!
新宿・大阪・福岡・仙台の主要都市で自毛植毛の施術が受けられる!

 

湘南美容クリニックではお得な価格でARTAS(アルタス)植毛を受けられる
モニターを募集していています。

 

500グラフトの移植ならば398,000円、1,000グラフトの移植ならば698,000円と、
10万円〜20万円程度割引をされます。
(症例写真や体験談をホームページ等に掲載することが条件)

詳しくは、公式ホームページにて

 

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

 

モニター価格でも、同じARTAS(アルタス)植毛のTOMクリニックの方が若干安いです。

 

湘南美容クリニックの料金プラン・システムは下記の通りです。

 

  FUE法 FUT法 ARTAS
メスの使用 しない する しない

毛包を傷つける
(ドナーロス)確率

高い 低い 低い
術後回復の速さ 早い 遅い 早い
生着率の高さ 低い 高い 高い
疲労感 高い 高い 低い
抜糸の必要性 不必要 必要 不必要
安全性 施術に依存 施術に依存 安全センサーあり

グラフト数

基本治療費

移植費

総額

500グラフト

0円

498,000円

(1グラフト996円)

498,000円

750グラフト

698,000円

(1グラフト930円)

698,000円

1,000グラフト

888,000円

(1グラフト888円)

888,000円

1,250グラフト

1,048,000円

(1グラフト838円)

1,048,000円

1,500グラフト

1,180,000円

(1グラフト786円)

1,180,000円

2,000グラフト

1,460,000円

(1グラフト730円)

1,460,000円

2,500グラフト

1,730,000円

(1グラフト692円)

1,730,000円

3,000グラフト

1,990,000円

(1グラフト663円)

1,990,000円

 

 

ヨコ美クリニック・・・アメリカ毛髪外科専門医制度に認定されているヨコ美クリニック

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】


 

横浜市に1クリニックしかありませんが、
国際水準の治療技術による自毛植毛を取り入れているのがヨコ美クリニックです。

 

院長のドクター今川は自毛植毛業界では世界的に有名

 

世界で150人程度しか認定されていないアメリカ毛髪外科専門医制度に登録されています。
全国展開はせす゛、1クリニックだけなので無料カウンセリングでは
院長のドクター今川が診断をしてくれますので、是非相談してみてみてください。

 

確かな技術による植毛手術を、激安の費用で受けられるクリニックです。

 

料金プラン・システムは下記の通りです。

グラフト数

基本治療費

移植費

総額

500グラフト

0円

510,000円

(1グラフト1,020円)

510,000円

750グラフト

765,000円

(1グラフト1,020円)

900,000円

1,000グラフト

900,000円

(1グラフト900円)

900,000円

1,250グラフト

1,125,000円

(1グラフト900円)

1,125,000円

1,500グラフト

1,200,000円

(1グラフト800円)

1,200,000円

2,000グラフト

1,500,000円

(1グラフト750円)

1,500,000円

メスを使用するFUT法による手術も可能です。

 

詳しくは公式ホームページにて

 

 


 

 

 

アスク井上クリニック・・・ハイブリッド自毛植毛のi-SAFE法を取り入れたクリニック。

 

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

 

メスを使わない方法とメスを使うFUSS法を融合させた
ハイブリッド自毛植毛のi-SAFE法を実施しているのがアスク井上クリニックです。

 

20数年の豊富な経験を持つ井上浩一医師により、i-SAFE法は誕生しました。

 

数々の植毛医を指導してきた井上院長は、AGA(男性型脱毛症)に限らず、
どのようなタイプの薄毛治療に精通しており、
特に「生え際」の移植デザインは業界一とも言われています。

 

また、他の植毛クリニックで植毛をされた方々の修正手術や追加手術なども数多く手掛けており、
患者様の満足度もとても高い医師でもあります。

 

一般の方々は勿論、数多くの芸能人、著名人からの信頼も厚いまさにレジェンドドクターです。

 

i-SAFE法・・・従来の方法と比較すると、この自毛植毛には5つの特徴があります。

 

1.メスだけを使用するFUT法と比べて傷跡のリスクが少ない
2.1平方センチメートル当たり80〜100グラフトの高密度な移植ができる
3.一度の手術で4,000グラフト以上の移植(メガセッション)が可能
4.超微細なデザインが可能でナチュラルなヘアスタイルになる
5.ドナーの採取が効率良く行えるので手術時間の短縮に繋がる

 

激安・格安の自毛植毛クリニックを解説【最安値はコチラ!!】

 

トータルの費用は高いものの、後頭部を刈り上げないアンシェーブンi-SAFE法を選択できるのがメリット。
仕事などで刈り上げができない場合は相談してみてください。

 

グラフト数

基本治療費

移植費

トータルコスト

500グラフト

185,000円

490,000

(1グラフト980円)

675,000円

750グラフト

735,000円

(1グラフト980円)

920,000円

1,000グラフト

980,000円

(1グラフト980円)

1,165,000円

1,250グラフト

1,225,000

(1グラフト980円)

1,410,000円

1,500グラフト

1,470,000円

(1グラフト980円)

1,650,000円

2,000グラフト

1,960,000

(1グラフト980円)

2,145,000円

 

詳しくは公式ホームページにて

アスク井上クリニック

 

 

 

 

植毛できる密度はどれくらいか

 

日本人の場合、160本/平方センチのヘアが生えています。
1株に2本の毛が生えているとすると、80株/平方センチあるということになります。

 

この80株/平方センチというのは、約1ミリ四方に1つの毛根がある状態
と思っていただければ良いでしょう。

 

では、本来の状態では1ミリおきに生えているものを、植毛手術で植えていくとどうなるのでしょうか。
アメリカの植毛では1平方センチに40株くらい植えられるという報告もありますが、
日本人のヘアはやや大きめなので、その密度に植えることは厳しいかもしれません。

 

結論から言えば、どんなに頑張っても倍の2ミリ間隔程度でしょう。
そして2ミリ間隔で植えて言った場合、1平方センチに植えられるのは平均して約20株(40本)ということになります。
因みに、3ミリ間隔だと1平方センチに約10株(20本)しか植えることができません。

 

ですから、1回の植毛で得られる密度は、本来の160本/平方センチに対して
40本/平方センチ=25%で、それを2度繰り返せば50%の密度にアップさせることができるということです。

 

よく『2000本を2回植えるのと4000本を1回に植えるのでは、どういう違いがありますか?』
という質問を受けますが、1平方センチに40本植毛するとすれば、前者の場合は1回に50平方センチに、
後者の場合は100平方センチに植えることができるのはすぐにわかるでしょう。

 

さらに、前者の場合は植毛を2度することで、50平方センチに40本×2=80本/平方センチ
の密度まで持ってゆくことができるのです。

 

つまり、1回の植毛本数は薄毛になっている面積の違いであり、
回数を重ねるのは、密度を高める意味があると考えていただければよいでしょう。

 

実際には50%の密度になるとほとんどの方は満足していただけるケースがほとんどです。

 

すなわち、最新の植毛コンセプトとは、1の面積のドナーで2倍の面積の薄毛を改善するということになります。
この点では、従来から行われているフラップのように1:1の移動より効率が良いかもしれません。

 

もちろん50%の密度では満足せず、2〜3回植毛を続ける方もいます。
ただ、この場合4回目には100%になるかというと、そういうわけにはいきません。
株と株の間隔が狭くなってくればロスも増えるので達成できるのは多くてもオリジナルの7〜8割程度です。

 

 

 

日本男子の3割はAGAになる

 

一般的な薄毛の原因として最も多いのが日本男子の3割を悩ませるAGA(男性型脱毛症)です。
日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%

 

20代で約10%・30代で20%・40代で30%・50代以降で40数パーセントと
年齢とともに割合が増えてゆきます。

 

症状としては、額の生え際や頭頂部の頭髪が軟毛化して細く短くなり、
進行すると額の生え際が後退して、頭頂部の頭髪が薄く、
やがて抜け落ちてしまう現象が起こります。

 

額の生え際から後退するタイプと、頭頂部から薄くなるタイプがあり、
さらに、両方混在するタイプもあるなどAGAの進行するタイプは様々なパターンがあります。

 

細胞レベルの現象としては、毛周期を繰り返す中で
成長期が短くなり、休止期にとどまってしまう毛包が多くなるものと言えます。

 

通常は5〜7年であるべき成長期が短縮することで硬毛が軟毛化し、
さらに毛包が小さくなるミニチュア化が起こります。
そのため髪の毛が太く育たないうちに抜け落ちてしまいます。

 

また、生えていたとしても十分に育たない細く短い毛ばかりだと
全体的に薄毛に見えてしまうのです。

 

 

男性ホルモンだけが薄毛の原因ではないAGAメカニズム

 

AGAの発症は『遺伝子的背景』と『男性ホルモン』が関係しています。
ちなみに、女性にも男性ホルモンが存在しているので、女性もAGAと無縁ではありません。

 

一般的に、薄毛というと『男性ホルモン』の影響であると言われ、
男性ホルモンが悪者のように思われがちです

 

しかし本当は、男性ホルモン自体が薄毛を引き起こすわけではありません。

 

毛包の中にはU型5αリダクターゼという酵素が存在します。
一方、血管の血中にはテストストロンという男性ホルモンが循環しています。

 

この2つが毛乳頭部分で出会い結びつくと『DHT』という成分が生成されます。
さらにこのDHTがアンドロゲン(男性ホルモン)のレセプター(受容体)と結びつくと
様々な遺伝子群に作用を及ぼします。

 

DHTが男性ホルモンのレセプターと結合することで作用を及ぼす遺伝子は、
例えば毛髪り成長を抑制するTGFβ-1や脱毛遺伝子に指令を出すFGF-5。
こうした、薄毛には好ましくない役割を持つ遺伝子が働くことによって脱毛が起こるのです。

 

つまり、簡単に言えば、U型5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結合すると生まれる
DHTこそが脱毛の元凶となる原因物質。

 

男性ホルモン自体が悪いのではなく、悪さをするのはDHTなのです。
実際AGAの脱毛部分には高濃度のDHTが存在することがわかっています。

 

薄毛の運命を変えるのは男性ホルモンの『レセプター』

 

『父親もはげていたから』『うちは代々薄毛だから』
といった理由で、自分も遺伝なので薄毛になりそうで怖い・・・
このように思っている人も多いようです。

 

つまり、薄毛の原因が単純に『遺伝』であるという考えが世間に広まっているように思います。

 

確かに遺伝的背景もありますが、AGAでは男性ホルモンののレセプター遺伝子が発現しているかどうかが
脱毛の運命を決める大切な要因なのです。

 

AGAはU型5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンと結びつくことが脱毛の第一歩になります。
しかしこの2が結合したからと言ってすべての人が薄毛になるわけではありません。
男性ホルモンのテストステロンを受容するレセプターがあるかないかが分かれ道となります。

 

このレセプターがあれば脱毛し薄毛になってしまうのです。
逆に、このレセプターが無ければ影響を受けることはありません。

 

このレセプターが有るか無いか。それこそが遺伝子です。
両親からの遺伝子で、このレセプターを受け継いでいるか、
あるならば薄毛になりやすく、なければ薄毛になりにくくなるのです。

 

 

AGAの薬物治療には『ミノキシジルとフィナステロイド』を使います。

 

発毛のメカニズムが解明されるとともに、脚光を浴びだしたのが育毛剤です。
アメリカで開発されたミノキシジル・フィナステロイドなどです。

 

ミノキシジル・・・アメリカではロゲイン、日本ではリアップという商品名。
フィナステロイド・・・プロペシア・フィンペシアという商品名。

ミノキシジル

 

アメリカのアップジョン社が開発した育毛成分。
もともと血管を拡張して血圧を下げる作用があることから、
降圧剤として使用されていました。

 

しかし、その後の研究で頭皮全体の血行が良くなって毛包への栄養補給がスムーズになり、
その結果、発毛が促進される男性ホルモンの変換酵素であるU型5αリダクターゼに作用して
脱毛を防ぐと同時に毛母細胞を活性化させるといった効果がある事がわかっています。

 

また、ミノキシジルの分子構造には一酸化窒素が含まれていることからも、
フリーラジカルとしての一酸化窒素と似たような働きをするのではないかと考えられ、
休止期に入った毛包を成長期へ移行させる作用があると言われています。

 

さらに縮小した毛包を増大させて太い毛を伸ばすなど、発毛に関する効果が科学的に証明されています。
発毛に対して効果のない物質、すなわち偽薬を使ったグループと
ミノキシジルを使ったグループに分けて結果を比較する実験方法で
被験者には偽薬なのかミノキシジルなのかわからないようにして行う二重盲験法の結果が評価され
1988年に米国食品医薬品局(FDA)の承認を得て発毛剤として大ヒットしました。

 

・フリーラジカルとは
自由に動き回る電子を持った分子のことで、自分に合った分子を見つけると
即座に反応し、様々な作用をもたらします。
例えば、血管の内皮細胞から産生される一酸化窒素(NO)がフリーラジカルになると
休止期に入ったものを成長期に移行させる役割をします。

 

また、酸素が変化してできる活性酸素もフリーラジカルのひとつで
糖質や脂質、アミノ酸など、体の各器官を構成する分子を酸化させ悪影響をもたらします。
成長期にあるものを休止期に移行させてしまうスイッチの役割をします。

 

フィナステロイド

 

フィナステロイドはU型5αリダクターゼ酵素を抑制し、テストステロン(男性ホルモン)が
ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されるのを防ぎます。

 

毛根へ悪影響を及ぼし脱毛を促進させるDHTが過剰につくられないので
脱毛の予防になるのです。
フィナステロイドは1997年に男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてFDAの承認を得ています。

 

U型5αリダクターゼ酵素とは

 

男性ホルモン(テストステロン)はU型5αリダクターゼ酵素の働きかけでDHTという
活性型男性ホルモンに変換されます。

 

DHTは男性ホルモンの約5倍も作用が強力で、これが脱毛に深く関係していると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る